絵がすばらしく美しく、ストーリー重視の方も納得できるBL漫画VOID。

座裏屋蘭丸先生の作品は、どれもよく読むのですが、これは紙媒体でも電子書籍でも読めるように買っているほどお気に入りの漫画です。

VOID

VOID

VOID

[著]座裏屋蘭丸

VOID あらすじ

マキの所に届いたヒューマノイドのアラタは、最初に見た人間を好きになって依存するすりこみ機能がついています。

元々の人間の容姿と記憶の一部をコピーしているハイスペックなヒューマノイド。

マキを見たアラタはすりこみ機能によって愛情を示しますが、マキは心を開かずにまるでいじめるかのように抱きます。

それには、理由がありました。
マキの心を永久凍土のようにするほどの過去の事件があったからで、その重要人物のコピーで、容姿がそっくりなアラタ。

マキが忘れることのできない過去の事件とは?
そして、アラタのマキへの愛は、すりこみ機能によるものなのか?

VOID 感想(ネタバレ注意)

座裏屋蘭丸さんは、官能描写の名手などと言われますが、本当にその通りです。
私が初めて読んだ作品は「眠り男と恋男」でしたが、最も好きなタイプの絵と描写の素晴らしさに圧倒されて、一気に同人作品まで揃えたりしましたね。

そしてこのVOIDは、完全受注生産で販売され完売となったBL漫画を電子配信用に再編集したものです。
完全受注生産と聞いて速攻注文して購入しましたが、電子書籍はやはり読むのに便利なので、こちらも購入し、私の中で神作品と言っていいほどのお気に入り作品になっています。

とにかく、ストーリーが最後までどうなるのか?とハラハラするほどよく作られています。過去のトラウマも重く、「えっ?そんな仕事してそんな事件があったの?」と驚くような展開になっていきます。
犯罪はからんでいるし、マキの兄貴も関わってくるし、どれだけトラウマ抱えてるんだよ!って感じです。

マキがなかなかアラタに心を開かなかったのも納得。
だからこそ徐々にアラタは過去の人物とは別人なんだ…と受け入れて愛しい気持ちに変わっていくところが切ないです。

普通なら、愛しく思えるようになったらハッピーエンドってところですが、VOIDはさらにもうひとつ問題があります。それがすりこみ機能。

マキはアラタを心から愛するようになったけれど、アラタはすりこみ機能があるから愛しているのかどうか…
そのままでも問題ないけれど、お互いに本気で愛し合うために、マキは賭けのような決断をします。

もうね・・・どれだけ複雑なんだよってぐらいにストーリーが描かれていて、まるで映画のようです。

あとは、アラタが本当に健気なんですよね~。そしてエロい!
最初は無理やりエッチされることもあるのだけど、ひたすらマキを愛します。
とても素直で明るい好青年。

このアラタのキャラクターが、より切なさを感じさせるんですよ。

最後は、マキとアラタはラブラブのあまあまで、優しく温かい気持ちで終わります。
読後感は最高に良い作品ですね。

VOID

VOID

VOID

[著]座裏屋蘭丸