Punch↑は、鹿乃しうこ先生のBL漫画です。
「P.B.B.」のスピンオフ作品で、「P.B.B.」の忍も安芸も登場します。

Punch↑

Punch↑

Punch↑

[著]鹿乃しうこ

Punch↑ あらすじ

美形の男性が大好きな牧は、エリート建築家です。
そんな彼がお気に入りを見つける格好の狩場は建築現場。

そこで牧が出会ったのは、型枠工の浩太でした。
口が悪い浩太は、牧の趣味からはかけ離れて圏外でしたが、ひょんなことから同居することになります。

お互いに、第一印象は最悪だったものの、徐々に相手のことを心配するようになっていくふたり。
そして、浩太が彼氏ともめて・・・

Punch↑(2)

Punch↑(2)

Punch↑(2)

[著]鹿乃しうこ

Punch↑ 感想

「P.B.B.」では、主人公である忍と一夜の浮気相手だったのが牧でした。
この作品にも忍は随時登場するし、安芸も時々出てきますね。

私は、鹿乃さんの作品で最も好きなのがこの漫画なのですが、とにかく山あり谷ありでハラハラドキドキします。

ちょっとしたヤキモチから大きな事件まで色々なことがあります。
特にハラハラして切ないのは、19歳の浩太が15歳までの記憶しかない状態になるところでしょう。
もう、泣けますね。私なんかは号泣!!

いつも男にだらしない牧も一生懸命でしたね。
浩太を大事にしているからこそ、ふたりが出会う前の記憶しかない状態は本当に切ない…
牧は、自分の行動しだいで自分が知っている浩太とは別人になってしまうのではないかと不安を感じます。

そして浩太は、またちゃんと牧を好きになるのだけど、15歳の自分と19歳の自分は別人と思っていて、記憶にない19歳の自分にすごく嫉妬をして、牧が取られてしまうのではないかと思うところが、これまた切ないのです。

記憶が戻った時の、ひどい泣き顔は、笑いながらも感動しちゃいました。

お互いをすごく大事にしているから、最初は口の悪いガキンチョだった浩太もどんどん可愛い面が増えていじらしくなります。
ワタシ的に、すっごく好きなキャラなんですよね~。可愛い!!

エロも激しいのだけど、浩太は色気も出てきて、ハッとする表情も見れます。
牧は、エロ面では最後まで変態チックだけど、浩太へのラブラブっぷりがよくわかって、いい感じです。

Punch↑(3)

Punch↑(3)

Punch↑(3)

[著]鹿乃しうこ

Punch↑(4)

Punch↑(4)

Punch↑(4)

[著]鹿乃しうこ