Pocket

何度読んでも号泣してしまう作品のひとつです。

阿仁谷ユイジ先生のBL漫画
もういちど、なんどでも。

もういちど、なんどでも。 あらすじ

恋人が事故にあったと聞いて病院にかけつける古藤多郎。
無事でいた彼は、記憶喪失になって2年分の記憶を失っていました。

恋人の名前は藤井貴博。
失った記憶の2年間というのは、まさにもともとノンケだった彼が多郎とセフレになり、その後やっと気持ちを通じさせて恋人になり、同棲を始めた期間なのです。

記憶がない貴博は、ただの同級生だった多郎となぜ一緒に住んでいるのかもわかりません。そして、偶然男に抱かれている多郎が映ったビデオを見つけ、ゲイビ男優だったのかと勘違いしてしまうのです。

貴博の記憶は戻るのか…
多郎への気持ちはどうなるのか…

もういちど、なんどでも。 感想(ネタバレ注意)

読むたびに号泣してしまう作品です。
本当に切ない!!健気だ~~(泣)

もともと多郎は高校時代に貴博のことを好きになっていて、貴博はノンケだったため時間をかけてやっと恋人になったんですよね。

そして、貴博は実の姉に特別な感情を持っていて、姉が大事にしていた指輪をこっそり隠し持ってしまうのだけど、この指輪というのがキーポイントになります。

ふたりの関係が変わる時に、姉の指輪を多郎が持つようになり、恋人になって、お互い愛し合って、多郎への誕生日プレゼントでお揃いの指輪を用意してプレゼントしようとした時にあった事故。ふたりに何かある時には指輪のエピソードがからんできます。

記憶喪失になっても、同じ環境で過ごした方が良いからと同居生活は続けるのだけど、お互いがそれぞれ心の中では不安をかかえているんですよ。

貴博は、なんで多郎と暮らしているのかわからず、ノンケだからこそ多郎に感じる特別気持ちに混乱します。きっと自分は多郎の双子の妹の多恵のことが好きで、顔が似ているから多郎に特別な気持ちを感じるのだと思い込もうと必死です。

一方多郎は、自分の前から貴博が消えることに恐怖を感じています。それは生死という意味でも、別れという意味でも・・・貴博が寝ているだけでも、心臓が動いているか確認できないほど手が震えてしまうほど。

そして、多郎の気持ちと貴博の気持ちがすごく表れているシーンが超切ないです。
貴博:「俺、今好きな子いんだって」「けど…お前じゃねぇから。お前とは多分間違いで」
多郎:「…それ 言っちゃダメなやつ」
そう言って貴博は実家に戻ってしまうのです。

ここは泣く!!
ビール買ってくるという貴博に、何日かかる?って聞く多郎を見て、ブワーッと涙出ます。

そして、最大の泣きポイントがそのあとすぐに来ます。
実家から大学へ通っていた貴博が、やっと自分の気持に気づいて多郎のもとに戻ってくるところ。感動の再会という意味でも泣けるのだけど、見せ方がうますぎるでしょう!!
ビデオと現実の生の声がシンクロするんですよ!

そのあとも、高校時代からの思い出話しが入って、貴博は何も覚えていないはずなのに、同じことを行ったり同じような顔をして・・・
ふたりは、何かあってもまた何度でもお互いを見つけてお互いを好きになるのだろうな~と思わせてくれます。

この続きのお話も配信されていますよ。
「もういちど、なんどでも。 アフターエピソード」
これは、エロいシーンはありません。

「もういちど、なんどでも。 アフターエピソードの行間の話」
こちらは、アフターエピソードに話が出てくるエロシーンになっています。

すっごく切ないけど、読み終わったらハッピーな気分になれる作品です。
エロもかなり濃いのでおすすめ。