愛情あふれる監禁BL【王子の箱庭】


緒川千世さんの王子の箱庭は、監禁モノのBLだけど、愛情にあふれてキュンとする漫画です。

▼ここから無料試し読み▼
ハンディコミック
▲作者or作品名で検索▲

王子の箱庭 あらすじ

落ちぶれた御曹司である甲斐谷譲は、その日暮らしのチンピラになっていました。

ある日、8年前まで住んでいた豪邸が、元世話係の岩瀬のものになっていると知って訪れます。

岩瀬は譲を快く迎え入れますが、譲は金品を盗んで逃げようとします。しかし、逆に岩瀬に監禁されて・・・

ふたりきりの監禁生活。岩瀬は譲をとても大切に扱い、体の関係ももつようになります。

お互いのことを分かり合おうとしてもすれ違う気持ち。
譲のことを愛してやまない岩瀬は、監禁してでもそばで世話をしたかったのに、最後は自由を与えようとします。
一方譲は、岩瀬と環境に徐々に心を開いていくのですが、素直にはなれず。

とても切ないけれど、甘くキュンとするBLラブストーリーです。

▼ここから無料試し読み▼
ハンディコミック
▲作者or作品名で検索▲

王子の箱庭 感想

緒川千世さんの漫画は大好きで色々と読んでいますが、この漫画はとても切ないです。そして、ストーリーと絵がとても合っていて、より切なさを感じます。

胸がジーンとしてきて、涙もホロッとこぼれてしまいます。だからこそ、最後の読後感いいんですよね。
描きおろしでは、譲と岩瀬のその後も読めて最高♪

絵もキレイで、譲のすごく美しい表情には萌えます。キャラクターを本当にうまく描く作家さんですね。

表題作以外の作品も入っていますが、「断熱線上の鼓動」がこれまた切ない。

もうひとつの「王子の中庭」は、表題作のその後なので、ほんわか良い気分にしてくれる漫画です。

感動したいBLコミックを読みたい人にはぜひ読んでほしい漫画です。

▼ここから無料試し読み▼
ハンディコミック
▲作者or作品名で検索▲