Pocket

男子高校生のキュンキュンする恋と、エロくて妖艶なエッチまで描いたBL作品。
「純愛えろ期」と続編の「相愛えろ期」
彩景でりこ先生のBL漫画

純愛えろ期

純愛えろ期

純愛えろ期

[著]彩景でりこ

純愛えろ期 あらすじ

小学校からずっと一緒で腐れ縁の4人組、小川聡史・市ノ瀬亘・岸竜平・児島充は高校生。

ある日突然、亘が彼女とやっちゃったと言い出して、幼なじみの関係が変わっていきます。ショックを受けた岸は、それが岸のことを好きだった亘の嘘だと知ってハッキリと自分の気持ちを自覚して、ふたりは恋人同士になるからです。

亘の気持ちを早い段階から知り、岸が亘のことを意識するように嘘をでっち上げてしまえとアドバイスをしたのは充。しかし、充も本当は亘のことが好きで、結果的に充自身は失恋をしたことに・・・

そんなある日、学校の書庫で傷心を癒せずにこっそりひとりエッチをしてしまっていた充。そこに突然現れたのが、アロハシャツを着た男、花江太郎でした。

人の話を聞かないマイペースな太郎は、ずっと探していたと告白して、充もまた生活が一変!
聡史もまた、イケメンでダブリの谷原瑛生と友だちになって・・・

エッチだけど、純粋な恋心を描いた作品です。
「純愛えろ期」は、3カップルが恋人同士になってラブラブになるお話で、続編の「相愛えろ期」は、それぞれに何らかの出来事が起こり、より気持ちがひとつになっていくようなお話です。

純愛えろ期 感想(ネタバレ注意)

幼なじみ4人組に2人が加わって、タイプの違う3カップルのお話が描かれています。

方言で話すのも、独特のやさしい雰囲気が出ていて良かったですね。私はとても好きです。

岸と亘は、お互いにそれぞれ好きなのだけど、岸がヘタレで鈍感。だから、だから亘は本当の自分のことを好きなのかと不安になるし、もっと求めて欲しいと思います。

岸は、見た目はガッチリ男っぽいのだけど、性格はちょっと違うんですよね。そのせいか、抱かれたいという気持ちもあって、少しリバもあったりします。

太郎と充は、まだ亘への気持ちを消化しきれていない充のことを、とにかく攻めてぐだぐだにしてしまうのが太郎。彩景でりこ先生の描くエッチは、とにかくエロいのだけど、キャラ的には最も充がエロいですね。太郎が、そこまでやるのか?というぐらい攻めまくりますから。

太郎と充のカップルが色々な面で最も見どころがあります。
「純愛えろ期」「相愛えろ期」ともに表紙にもなっているし、メインはこのカップルと言えるでしょう。

ずっと充が好きで気持ちもハッキリ出す太郎に対して、失恋したことで流されてしまうけど、最初は太郎のことを好きでもなかった充。タイプ的にも、人の話を聞かずに大雑把な太郎に対して、頭がキレて理性的な充は対称的です。

天然な瑛生と超純情な聡史のカップルは、とにかくピュア。やることはやるのでエロいことはエロいのですが、このふたりも、続編の「相愛えろ期」では、リバありです。

私は、聡史と瑛生のカップルが一番好きですね~。
聡史のとっても優しいところと、瑛生の聡史しか見ていない一途なところにキュンキュンします。

読む人によって、どのカップルが好きなのかは変わってくると思いますから、ぜひ読んでみてください。

相愛えろ期

相愛えろ期

相愛えろ期

[著]彩景でりこ